読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

dongrikunの日記

どんぐり、鬱になる、、、そしてにゃんこ姫の出産日記(子宮線筋症の核手術を経て)  子宮線筋症の核手術、鬱を経て、まさかの妊娠発覚! 高齢出産となりますが無事ににゃん太郎は産まれてくれるのでしょうか? 子宮線筋症からの妊娠〜出産、または不妊治療の方も増えていると思います。 私は幸い不妊治療はせずに妊娠しましたが、高齢である事、核手術を受けていた事から、無事に出産できるかはまだ分かりません。 日々の状況を書き綴っていこうと思います。

AとB

いつも辛い時に考えていた事があります。


Aは音楽、Bは受け止めなくてはならない現実。


いつも、どんな時も、辛くてどうしようもない時も、Aがあったから乗り越えてきました。


久々に「はじめの一歩」の5話目辺りから新人王戦の前くらいまで見返しました。



本当の強さを持っている人は本当の優しさと粘り強さを持っている。


そして、周りの雑音なんか気にしている余裕?はない。

それが強さかのかな?



私は甘過ぎたのかも知れません。

いつもピンチを誰かが救ってくれてきたから。




今は少ない人数でも支えてくれる人がいる。

その人達がいる限り、終わってないのかと、一晩、考え続けてました。



はじめの一歩を読み返す前はもう終わろう、とまたマイナス思考モードに入ってました。


身を削るような厳しさの中、それを感じさせない強さが私にも欲しかったです。


精神面が弱過ぎた。


精神面の弱い者同士が状況を改善させようとしても出来るわけがなかった。

おかげで敵をたくさん作る事になってしまいました。

別に私は敵とは思ってないのだけど、結果的に一人で矢面に立つ事になってしまい、私が全責任を負う事になってしまったのだから、周りは敵だらけ。



鬱も悪化。



鬱は自分でも持て余すくらいの辛さがあります。

それを支える人も、とても過酷な思いをする事になるのだと思います。


回避できなかったのは悔やまれるけど、今更しょうがない。


私はもう一度、Aを選べるのか、それとも新しいCという選択肢が出来るのか、、、


今はBという現実に負けそうな毎日を過ごしています。