読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

dongrikunの日記

どんぐり、鬱になる、、、そしてにゃん太郎出産日記(子宮線筋症の核手術を経て)  子宮線筋症の核手術、鬱を経て、まさかの妊娠発覚! 高齢出産となりますが無事ににゃん太郎は産まれてくれるのでしょうか? 子宮線筋症からの妊娠〜出産、または不妊治療の方も増えていると思います。 私は幸い不妊治療はせずに妊娠しましたが、高齢である事、核手術を受けていた事から、無事に出産できるかはまだ分かりません。 日々の状況を書き綴っていこうと思います。

入院しました

鬱の症状が少しずつ改善されてきて、少しずつ外に出やすくなって、頑張ってしまった結果、、、


免疫力が低下していたのか、一気に行動し過ぎたのか、喉をやってしまい、緊急入院してきました、、、


大好きな彼との時間が私の原動力になっていて、会いたくて、頑張りすぎちゃった。


喉が痛む日が増えてきたなーと思っていたのですが、いつもの風邪かな?って思っていました。

ゴクンが出来ないくらいの酷い喉の痛みが出てきて、内科に行ったのですが、そんなに腫れてないと言われ、薬を処方して貰って帰宅。

そんな事を繰り返していたら、もう声を出すのも苦しく、唾も飲み込めないくらいの喉の痛みと高熱が出て、さすがに危機感を持ち、近くの病院へ向かいました。

今回も内科。

病院へ着いたら、あまりの辛さに即効でダウン。

車椅子を出してくれて診察、検査。

また喉はそんなに腫れてないと言われたけど、さすがにおかしいくらいの痛さだったので今回は私も食い付き、レントゲン検査となり、ようやく患部を特定する事が出来ました。

そこから内科では対応が難しく、専門が耳鼻咽喉科と言われ都立広尾病院へ。


家に帰る事も出来ずに入院となりました。


喉の奥の方が炎症を起こし、そこに膿が溜まり、その膿が心臓の方へ落ちると命の危険があるとの事。


続きます、、、