読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

dongrikunの日記

どんぐり、鬱になる、、、そしてにゃん太郎出産日記(子宮線筋症の核手術を経て)  子宮線筋症の核手術、鬱を経て、まさかの妊娠発覚! 高齢出産となりますが無事ににゃん太郎は産まれてくれるのでしょうか? 子宮線筋症からの妊娠〜出産、または不妊治療の方も増えていると思います。 私は幸い不妊治療はせずに妊娠しましたが、高齢である事、核手術を受けていた事から、無事に出産できるかはまだ分かりません。 日々の状況を書き綴っていこうと思います。

にゃん太郎、9週目

子宮腺筋症と妊娠、出産

先週、日赤医療センターへ行ってきました。

現在の成長状況から、妊娠9週目のはずが、8週と3日に変更となり、

出産予定日も3月24日に変更となりましたー!

なので、今週が9週目となります。

先週月曜日の診察で8週3日だから、間もなく10週目になりますね!

少し詳しい事が分かってきました。

子宮線筋症の核手術の影響だと思いますが、一部、子宮の壁が薄くなっているところが

あるようです。

それが少し心配ではある、、、との事でした。

11週を過ぎれば少しずつ、心配は無くなってくるみたい。

とはいえ、心配がゼロになる事はないみたいですが、、、

日赤医療センターより霞ヶ浦医療センターからの手術の状況が分かるものを

もらってくださいとの指示があったので、

茨城までまた小旅行かーーー、と思っていたところ、

郵送で対応してくれるとの事でしたので、さっそく必要なものを

霞ヶ浦医療センターへ送ったところ、

すぐに対応してくれて来週火曜日の検診に間に合うように郵送してくれました!

とても親切な対応をしてくれて、感謝です!!!

子宮線筋症の過去の患者の中でもかなり酷い状況だった私が

妊娠までできるように子宮温存してくれた霞ヶ浦医療センターへは

今でも感謝の言葉しかなく、この際、挨拶にも行きたかったのですが、

それは出産後に落ち着いてから考えてみます。

 

そして、日赤医療センターはとても綺麗な病院で、ここで出産できるのは嬉しいです。

場所柄もあると思いますが、外人さんも多いです。

 

私の体調ですが、微量の出血もなくなり、腹痛もなくなりました。

時々、お腹が張っている感じはありますが、今のところ、順調です。

そういえば、日赤医療センターへの紹介状を書いてもらいたかったのと、

その頃、貧血がとても酷かったので血液検査をしてもらいたくて、

自宅から比較的近い、小西医院へ先々週末に行ってきました。

そこで初めてにゃん太郎の心音を聞くことができました!!!

生きてるんだー、、、って実感しました。

その日はダーリンも一緒に来てくれたのでダーリンにも心音を聞いてもらう事が

できました。

それからは病院へ一緒に行くのが楽しみになっているのか、

私の為に無理に来てくれているのかわかりませんが、

通院日はなるべく予定を空けてくれています。

とはいえ、まだ日赤での検診も始まったばかりですけどね、、、^_^;;;

ダーリンとダーリンママの子供の希望は男の子だったのですが、

最近はダーリンもどっちでも良いよ、と言ってくれて、

女の子だったらにゃんこ姫だね!と呑気な事を言っていますが、

まぁ、そんな感じが良いと思います。

子煩悩な父親になりそうだなぁ!

 

そうそう、小西医院での血液検査の結果は、鉄欠乏症にまでは達していなくて、

赤ちゃんを育てる為に子宮付近に血液が集中している??ような状況で??

貧血のような症状がでやすいから、ゆっくり行動してください、と言われました。

重い荷物を持ったり、自転車もダメ、自転車に乗ると子宮がすごく動くらしいです。

子宮に負担をかける事は絶対にしないでください、と言われました。

この後、まだLIVEがありまして、、、とはとても言えませんでした。

妊婦さんって本当に大変なんですね。

新米なので、呑気な事を言っているように聞こえると思いすが、ご勘弁を、、、

ちゃんとママになる準備をしていきます!

今日の時点では体調は問題なく、貧血も酷い状況から脱し、

腹痛もなし、出血もなし、悪阻もなし!

ちょっと匂いに敏感になったり、食事の好みが多少変わってきたりは

しているみたいだけど、まだ一度も悪阻がありません。

調べてみたら、そういう人もいるんですね。

 

ちょっとブログをお休みしていた間にいろいろな事があったので、

その辺りはまた後日。

 

無事に出産できますように!!