読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

dongrikunの日記

どんぐり、鬱になる、、、そしてにゃん太郎出産日記(子宮線筋症の核手術を経て)  子宮線筋症の核手術、鬱を経て、まさかの妊娠発覚! 高齢出産となりますが無事ににゃん太郎は産まれてくれるのでしょうか? 子宮線筋症からの妊娠〜出産、または不妊治療の方も増えていると思います。 私は幸い不妊治療はせずに妊娠しましたが、高齢である事、核手術を受けていた事から、無事に出産できるかはまだ分かりません。 日々の状況を書き綴っていこうと思います。

入院生活4日目、、、ちょっと愚痴。

疲れたなぁ、、、


正直な感想です。


私の状況は以前、子宮腺筋症の手術の影響で子宮の壁の薄い部分からの子宮破裂の可能性、そして子宮腺筋症自体が少し残っている(もしくは再発部分?)、そして切迫早産の状況との事でした。


一気にではなく、徐々に状況が分かってきます。

良い先生なのだとは思いますが、説明が少なくて分かりにくく、結局、自分で調べる事が多いです。

もっと早くに考えられるリスクと対応とか、たくさん教えて欲しかったです。


家の中が主とはいえ、引っ越しの準備や掃除、家事などで動き過ぎたのかも。


家探しもあったし、、、


ちょっと愚痴です。


私の妊娠が発覚し、帝王切開の可能性が高いと知ってから心ない事をたくさん言われたと思います。


帝王切開なら楽でいいね、って、まさかのダーリンのお母さんからも言われました。

これは他の人からも言われました。


そもそも、帝王切開って普通に産むことが難しい状況だから行うもので、開腹手術をするのに、何が楽だと思っているんだろう?って思います。

麻酔している間に産まれるから?

痛みと闘いながら産まないから?


私は普通に出産したかったです。

不安ももちろんありましたが、赤ちゃんが無事に産まれてくるんだろうか?入院期間はどのくらいになるんだろうか?私の身体は持つのだろうか?

こんな不安と闘っているんです。

通常分娩でも不安はたくさんあると思いますが、それが更に増します。


そもそも子宮破裂の可能性があって、、、と言ってるのに楽でいいねって、どういう思考回路してるんだろう?と思いました。


それは自分の母もそうだったかも。

事の重大さは最近まで分かってもらえなかったのだから。


実際、緊急入院となり、これが長期入院に繋がる訳で、しかも子宮の収縮を抑える点滴の副作用で呼吸が苦しくなったり、動悸、手の震えもあります。

お風呂にも入れません。

ベッドとトイレの往復以外は自力で動くこともできなくて、24時間、点滴に繋がれてる状態です。

移動するときは点滴と一緒。


これがあといったいどれくらい続くんだろう、、、


何もしない辛さは入院した事のない人には分からないと思います。


そして開腹手術の辛さも分からないでしょう。

今回の入院は私の人生で5回目、しかも一番辛い入院です。

開腹手術も帝王切開をしたらこれで2回目になります。


もう、帝王切開は決定なんですけどね。


開腹手術のあと、私も動けず痛みとの闘い、そして赤ちゃんもNICUの中で頑張るんです。


無事に産まれてきてくれたらそれだけでいいとは思ってます。

だから、普通に頑張ってね、だけでいいと思うのに、なぜ帝王切開をする人にあんなに簡単に楽で、、、と言ってしまえるんだろう。


今回の緊急入院で、ようやく、そんなに大変だったんだ、、、と言ってくる人がいましたが、

だーかーらー、、、子宮の壁が薄くなっているところがあって、子宮破裂の可能性があるって言ったじゃん!!!

何を聞いてたんだろう?


その上、今回は切迫早産という状況が重なったんです。


その他にも悪気はないんだろうけどいろいろ言われました。


もう、出産終わるまでは私からは何も言わないようにしようと思いました。


もちろん、私の体調を気遣ってくれていた友人達もいます。

一緒に出掛ける時に、わざわざ遠回りして私の自宅の近くまで迎えに来てくれたり、余計な事は何も言わず、ただ励ましてくれたり。


だから、これでトントンなのかな?


プラマイゼロ?


世の中、こんなものかもしれませんね。


ただ、たまには本音を吐き出したい時もあるんです。


だから、ブログなのかな?


ここは友人達は誰も知らないから、本音が書けます。


あー、スッキリした!!!


次回は入院生活について、少し書き出すかも?

あと、引っ越しの件、、、(・・;)