読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

dongrikunの日記

どんぐり、鬱になる、、、そしてにゃん太郎出産日記(子宮線筋症の核手術を経て)  子宮線筋症の核手術、鬱を経て、まさかの妊娠発覚! 高齢出産となりますが無事ににゃん太郎は産まれてくれるのでしょうか? 子宮線筋症からの妊娠〜出産、または不妊治療の方も増えていると思います。 私は幸い不妊治療はせずに妊娠しましたが、高齢である事、核手術を受けていた事から、無事に出産できるかはまだ分かりません。 日々の状況を書き綴っていこうと思います。

22週と4日目、緊急入院になりました。

初めてiPhoneで日記を書いてます。


今日は健診の日で、終わったら何を食べようかなぁ、などと考えながら病院に行き、MRI、血糖検査を受けて健診となりました。


MRIの結果はすぐに確認できて、なんと!!

子宮の厚さがほぼ皮一枚くらいになっているところがありました。

写真で見るとその部分だけグニョって穴を掘ったみたいになっていました。


で、出来たら今から入院して欲しいと言われたのですが、何も準備していないので24日からにして欲しいとお願いしてみました。

最初は帰っても何もしないで安静にとの話でしたが、他にも少し問題があったみたいで

もう家に返せる状態じゃない、緊急搬送レベルと言われてそのまま入院となってしまいました。


多分、というかほぼ確実に早産となりそうです。

なんとか24週までは持たせたいと言ってました。

引っ越しの準備がまだ終わってなかったし、もう少し掃除もしたかったし、何か美味しいもの食べたかった。


ダーリンには取り急ぎ、連絡して入院の荷物を持って来てもらいました。

明日は両親も来てくれます。


ダーリンとは引っ越しの段取りを話し合って、今日から入院です。


子宮の収縮を抑える点滴、抗生剤の点滴、にゃん太郎の成長を少し早める為?の筋肉注射。


収縮を抑える点滴は24時間、付けっ放しです。

これが、動悸が強くなったり、呼吸が苦しくて、ちょっと辛いです。

今は少し慣れてきたみたいで、苦しいけどとりあえず我慢できます。

でも、眠れそうにありません。


部屋からも許可なく出られず、移動する場合は車椅子となります。

健診から病棟、入院手続きも車椅子移動でした。

看護師さん?補助の方?が移動を手伝ってくれました。


涙がでました。


子宮の壁からにゃん太郎が出ようとし始めたら帝王切開で出産となるそうです。

予定日だった3月24日辺りまでにゃん太郎はNICU生活、私は先に退院となりそうです。




物件探しについて、、、

日常

夏から長くかかったお家探しはようやく契約までたどり着いた訳ですが、、、

って、何ヶ月かかったんでしょうね💦

 

今回の物件探しもいろんな部屋を見てきていろいろ思うことがありました。

 

前回、今のお部屋に決まるまでは約2ヶ月、お部屋を探しましたが、

その時は単身用だったのでまだ問題は少なかったと思います。

 

その時に思ったのは、まず、

1)都内の、特に人気のエリアに出没し始めたんだと思いますが、ガスコンロが自分から見てタテに二つ並んでいる2口コンロのキッチン、、、

狭い空間をうまく利用しようと考えたのかもしれませんが、あれって料理を普通にする人にとってはとても危険だと思うのですが、そう思うのは私だけでしょうか?

普通に考えたら二口ガスコンロだと、右と左に一つずつ、もしくは左手前と右奥という風になると思うんです。

これがタテに二つ、、、料理しにくそうだし、ちょっと危ない感じがするんです。

しかもガスコンロ💧

 

これは私にはちょっと考えにくい部屋でした。

 

2)玄関の扉を開けた時に隣りの部屋の玄関を開けられると扉同士でぶつかってしまう可能性のある部屋。

これも危険で、しかも私の場合は楽器の出し入れが必要だったので、玄関を人が出入りするだけに使う訳ではなく、荷物の出し入れがあった訳で、それを想定するとちょっと難しいかなと思いました。

 

3)玄関の軒先に屋根?がない。

これもびっくり。

都内ではめったにないかもしれないですが、1年に一度くらいある大雪が降ったら玄関の扉を開けにくくなる?

あと、台風とか嵐の時も玄関を開けると直撃???

楽器の心配があった私にはちょっと難しく感じました。

 

これは前回までの感想です。

 

今回の部屋探しで思ったことは、管理会社やオーナーさん、部屋を貸す気があるの?思ったことが多々ありました。

 

4)風呂場ってこんなに汚く使えるんだっけ?

もう、これはしょうがないのかもしれなんですけど、あまりに生活感が残りすぎた感じで入居するのって嫌なんですよね、、、

私は片付けも下手だし、普段も別にめちゃ綺麗好きという方の分類に入るとも思えない、潔癖性という訳じゃないと思うんですけどこの水周りの汚れはちょっと無理でした。

浴槽の色が変色していたり、排水口の周辺が変色いていたり、虫が湧いていたり、、、

あと、鏡が曇っているのもどうかと思いました。

鏡くらいの交換、もしくはもう少し綺麗に磨くことくらいできそうに思うのですが、

そんなに掃除ってしないものなの?って思いました。

住んでいる時はともかく、今は掃除の便利なアイテムもたくさんあって、部屋を出る時にもう少し掃除するものかと思っていました。

これで敷金、礼金を取るんだ、、、って思うとちょっとがっかりします。

だったら、クリーニングや清掃とかで掛かる実費を退去時に請求してくれた方が親切だと思います。

で、年月で消耗するのは大家さんの方でリニューアルするのか、なんだかやってもらえばいいし、これで管理費まで取るところについては(まぁ、管理費とは部屋の外の事だとは思いますが)、論外な感じがしました。

で、そういう部屋に限って、風呂場の明かりが暗めだったのも気になりました。

トイレのサボったリングとかも気になったし、魚焼きグリルの網が完全に錆び付いていたりして、どうやって使うんだよ!と思いました。

賃貸は借主にはできる事とできない事があるので、しっかり清掃して、次の人に気持ち良く使ってもらえるようにして欲しいです。

最悪なのが玄関開けた瞬間に排水口の嫌な臭いがしたり、、、テンション下がります。

 

5)風呂場に洗面台

これは部屋の使い方にもよると思うのでなんとも言えないのですが、

お風呂場に洗面所って、どうなんですかね?

女性の場合、ストッキングとかを履いていると風呂場の床が濡れているところにそのままでは入れず、まぁ、そういうスリッパとかを準備しておけばいいんだと思うのですが、今回は赤ちゃん優先だったので、もし私が仕事も始めて育児と両立しなくてはならない時に、いろいろ想定すると生活がしにくいと思いました。

すごくイライラする事になりそう。

ちょっと歯磨き、、、とか、身支度とかで台所は兼用したくないし、急いでいる時とかはイライラマックスになりそうだったのでこれも私の中ではなしでした。

 

私たちの出す条件が厳しすぎたのもありますが、そういった部屋が多過ぎて、なかなか部屋を決められずにいました。

あとは部屋は綺麗でいいんだけど、収納が少な過ぎたり、あとは赤ちゃんとの生活を考えてのいろんな条件もあり、時間がかかったというのもあります。

ただ、水周りの酷さは今回かなり多くて、びっくりしました。

 

で、その中でも一番最悪だった部屋は今もまだ入居者が決まっていないみたいです。

私たちが内見しにいった段階で、既に少なくとも半年は決まっていなかったみたいで、多分、大家さんも諦めてるのかも?

フルリノベーションして、少し家賃をあげて貸し出した方が回収できていいと思うんですけど、どうなんでしょう?

その部屋は南東向きだったのに日当たりも悪かったし、窓を空けると上の部屋の室外機から水が垂れてくるし。

で、家賃もそこそこ取るし、敷金、礼金も取るって、うーん💧

そういう部屋を紹介する不動産もどうかと思いました。

 

そんなこんなで、不動産屋さんは私が新築じゃないとダメだと思っていたみたいですが、今回、決まったお家は建物自体はとても古いです。

でも、お部屋の風通し、日当たり、開放感、清潔感、収納スペース、広さ、全てに問題がなく、今回の私たちの出した条件をほぼ全てクリアしていました。

 

一点だけ、、、やはり 25年も住んできた目黒区を離れたくなかったなぁ、、、

あと数十メートルで目黒区なのに。

 

なにはともあれ、引越しの日も決まり、引越し業者も決まり、

間もなく、いろんな事を考え、いろんな時間を過ごしたこの部屋ともあと10日ほどでお別れです。

本当に苦しくて苦しくて辛過ぎる日もここで過ごし、泣き続け、泣き疲れ、、、

そして今のダーリンとの出会いもあり、いろんな時期を過ごしました。

たくさんの事を考えました。

まだ、向き合ってブログに書けない事がたくさんあります。

 

いずれ書き出す事があるのか、それともこのまま、この先の幸せだけを考えて生きていくのか、、、

 

日付が変わり、流産と早産の境界線である22週目に入りました。

一つの難関を越えたので、次は30週、そして赤ちゃんの肺が外に出ても問題がなくなる辺り?の34週を目指して頑張ります!!

 

ホラールームのその後、、、

日常

ちょっと脱線してホラールームのその後についてです。

 

ダーリンは日曜日から月曜日までの夜中は付き合いで飲みに出ていない限り、

だいたい一緒に過ごします。

それ以外の日はお店があるので日中は帰ってきますが、

夜から朝にかけてお仕事の為、自宅にはいません。

 

先日の日曜日は私が夕方から私の所属しているバンドのLIVEがあり、

私は今、妊娠中で叩けないので代打をお願いしていたのですが、

応援にだけ行ってきました。

 

余談ですが、私のドラムのファンの方が来ていて、

今日、叩かないんですね、、、と残念そうな感じで言ってくれました。

告知不足でスミマセン💧

彼らは対バンの他の方とも繋がりがあったので、

まぁ、その日はいろいろ楽しんでいってくれたみたいです。

 

で、ダーリンはその日は夕方に先日決まった賃貸のお部屋の正式契約に行ってくれて、

その後はお店の事務仕事→近所のお店へ営業と挨拶を兼ねて訪問してました。

 

私は久々に会った友人達の食事をしてその後、ダーリンと合流。

 

久々に散々息抜きをして遅めの時間に自宅に帰りました。

 

で、、、なぜかその日はとっても静か。

いつもは少しは聞こえてくるホラーハウスのドンドンという音は全く聞こえず、

逆に心配になるくらいでした。

どちらかというと私の部屋の上の住民がちょっとうるさいくらい。

 

引越しの日程も決まったので月曜日は目黒区役所に転出届やら諸々、

一旦最後となる手続きをしに行ってきました。

その後、自宅の近くのPCショップにちょっと寄って、、、

その間、一度、ダーリンは必要書類を自宅に置きに行って私をまた迎えに来てくれたのですが、

なんと!!!

ダーリンが一度自宅に帰った時に部屋の玄関の前に折れた傘が投げ捨てられていた??そうです。

ダーリンがごみ捨て場に持っていってくれたみたいで、私が帰った時は何もありませんでしたが。

そして、奥のホラールームの方を見ると、時々その部屋の手前に引っ掛けてある出かける時にあった通せんぼ用?の傘がなくなっていました。

 

まさか!!??

 

あの傘を私の部屋の前にわざわざ折って、投げ捨てたってこと??

 

怖いっ!!

 

しかも二人で出掛けている間にです、、、💧

私の監視カメラの疑いがかなり濃厚になってきました。

 

で、昨日の夜から今朝、明け方にかけて、またちょっと騒いでいたみたいです。

 

ダーリンがいない日を狙っているのかな?

日曜の夜から朝にかけて、ダーリンがいるのを知ったのかもしれません。

 

監視カメラで玄関から二人で部屋に戻ったのを確認したから大人しくしていたのかも?

もう、何が何だか分かりません💦

 

そんな中、引越しの準備もちょっとずつ進めています。

で、、、腰をちょっと痛めております。

妊娠中は無理は禁物ですね。

 

今回の物件探しで管理会社に対して思ったこと、不動産の対応、思うことがあったので、近いうちに書き綴っておこうと思います。

 

 

 

 

子宮腺筋症とその妊娠についてのまとめ

子宮腺筋症と妊娠、出産

何度も書いていますが、私は子宮腺筋症という病気をもっています。

この病気自体についてはネットで調べてもらうとして、、、

 

192abc.com

 

今はネットでもかなりの情報が出ていますが、

当時は本当に訳が分からず、あまりに生理痛の酷さに病院へ行ってから子宮腺筋症という事が分かりました。

で、この病気、いろいろやっかいなんですが、産婦人科って横の繋がりが少ないのか、

単に情報が少ないのか、あまりたくさんの情報を病院の先生が教えてくれないのです。

私の質問の仕方が悪かったのかもしれないけど、もっとしっかり教えて欲しかったと思っています。

子宮腺筋症の手術がある事もネットで散々調べてから分かったし、

子宮腺筋症の場合の妊娠のリスクも知らなかった。

今になってようやくいろんな事が分かりました。

 

という事で、私の実体験からのまとめを書いておこうと思います。

 

◆子宮腺筋症の症状

・生理痛と出血が半端なく酷く、一番酷い時では日常生活に支障をきたした。

・酷い痛みの為、緊急で病院に搬送。

・貧血が酷く、寝起きに起き上がろうとしたら足に力が入らず、しばらく自力歩行が難しい事も。(貧血と子宮腺筋症との繋がりは後から知りました)

・酷い痛みは生理中はもちろんの事、生理が終わって数日後にもあった。

・病院に運ばれたのは生理中以外の時にもあった。

・生理中以外での痛みがある為、腹痛の原因が分からない時は大抵、子宮の痛みだった。

・生理中以外でも出血があった。

・生理不順。

・進行しすぎると子宮が大きくなるのでお腹が少しポコってでてしまう、、、?

 

◆子宮腺筋症の手術について(霞ヶ浦医療センターでの手術結果です)

・完治する可能性はまだ少ない。(実際に今回の妊娠で子宮腺筋症の部分が見つかりました)

・ただし、日常生活が普通に送れるようになる。

・貧血値も正常になった。

・手術の痕は当然残ります。

・できたら、手術前はある程度、体を絞っておいた方がいいと思いました。

私の場合、腺筋症の時期が長かったので、かなりの大きさになっていたようです。

これは体を絞って解決する訳ではないですが、子宮が通常よりも相当大きくなっていた為、そもそもお腹がポコってなっていたので、手術跡はそんなに綺麗にはならなかったです。多分、15年〜20年は腺筋症を育てていたみたい。

・手術の跡は子宮の壁はどうしても薄くなってしまうようです。

 

◆子宮線筋症の妊娠

・そもそも、子宮線筋症の人は妊娠がしにくいようです。

私は手術をしていたから今回はサクッと妊娠できたのかも?

今のダーリンの前の彼はもうほとんど情だけで付き合っていたので、妊娠もする訳がないし、一応、気をつけていたので、実際のところはよく分かりません。

今のダーリンは家族を欲しがっていたので、妊娠となりました。

 

・子宮腺筋症の場合、出産は帝王切開となる?らしい、、、(西田先生も予定帝王切開を推奨していました)

日赤医療センターの前に行った病院では高齢出産ではなく、子宮腺筋症という事で受け入れ不可で断られました。当病院では対応できないので大きな病院へ行ってくださいとの事でした。

ここでもどこで出産が可能なのかの説明はなし、、、

結局、友人の情報を頼りに日赤医療センターへ行きました。

都立広尾病院だと出産費用が抑えられそうだったのですが、電話で話した限りだと、やはり子宮腺筋症にちょっと心配があったようです。

日赤医療センターでは心配はしているものの、体制は整えてくれているようだし、ハイリスク出産の対応をしてくれているので受け入れ可能でした。

出産費用はかかりますが、これが最後のチャンスなので頑張ります。

 

・大きな問題としては子宮の壁が正常なところでは1cmくらはあるみたいなのですが、手術したところは2mmくらいしかなく、ここが子宮の収縮で子宮破裂を起こす可能性がある事とその為に未熟児出産の可能性も高まる為、NICUやそういったハイリスクでの出産について対応できる病院じゃないと受け入れしてくれないようです。

 

・痛みが頻繁におこるようになったら子宮の収縮を抑える為の点滴をしなくてはならない為、点滴と経過観察の為の長期入院をして、状況に応じて予定帝王切開にて出産するのが一般的との事でした。

 

・20週前後、30週前後は要注意時期で、なるべく安静にしていた方がいいみたいです。

とはいえ、あまり動かなさすぎも良くないのかな?

この辺りはよく分かりません。

 

・以前、ブログにアップしていた霞ヶ浦医療センターの西田先生からの診療情報を再度記載しておきます。

 

223例のうち、早期流産もあるみたいですが、子宮破裂が5例との事。

「初期の流産を除くと留意すべき店としましては、妊娠20週頃の流産(これは胎胞脱出という形で起こることが多い)、20週前と30週頃の子宮破裂が挙げられます。

特に子宮破裂は16週、19週、27週、30週、31週の5例で経験されており、前2者は創部に着床し、侵入胎盤から破裂に至ったものです。後3例も同様に創部に胎盤が付着し、穿通胎盤の可能性が考えられます。

幸いにして3例とも緊急帝王切開で生児を得ていますが、今回の妊娠の最大のリスクと考えられます。」

 

・子宮線筋症の部分は子宮が引っ張られると痛みがでるみたいです。

また、子宮の壁が薄いところも同様に痛みがでる事があります。

私の場合、子宮の下の方に痛みがでると線筋症の固くなっているところが引っ張られている状態で、この時はまだ大丈夫なのですが、子宮の上の方に痛みが走ると壁の薄いところが引っ張られているため、ここは危険な箇所のようです。

また同じ箇所が痛みだしたら今度は入院かもしれません。

 

 

以上、今、分かっている事をまとめてみました。

子宮腺筋症で出産を希望している方の参考になりますように。

 

あと、20歳前後以降から生理痛が人より酷かったり、痛みはそんなになくても出血量が異常に多いと感じている女性の知人・友人がいたら是非、婦人科へ行く事を勧めてあげてください。

子宮内膜症子宮筋腫はもちろんの事、子宮腺筋症ともなっていればやはりいろんなリスク、今後の対応などを検討する必要があると思います。

出産はもしできるなら早い方がいいです。

とは言ってもパートナーの事や自分の生活の事もあると思うので、無理にというのではなく、チャンスがあれば出産は早めの方がいいという事です。

あと、ピルなどで進行を遅らせる事もできます。

不妊治療が必要な場合もあるようです。

手術を希望する場合は状況に応じて、全摘か核手術か、、、となります。

私は霞ヶ浦医療センターでの先進医療での核手術となりましたが、他にもお金はかなりかかりますが、腺筋症の手術をしてくれるところはあるので自分に合った治療を探してみてください。

 

私は間もなく、妊娠21週に入ります。

あと1週間ちょっとで問題の22週を超えます。

22週を越えると未熟児でも赤ちゃんの命を守る事ができる時期になるそうです。

状況にもよると思いますが、、、

それ以前に何かあれば流産という扱いになります。

 

妊娠発覚から今日までとても長く感じました。

まだまだ先は長いですが、、、

 

1週間前に痛みが出ていた左上の辺りがまた痛みだしたら入院の可能性が出てきます。

年内はできたら入院は避けたいですが、こればかりは分かりません。

 

また新しく分かった事がでてきたら記載していこうと思います。

 

 

補足ですが、やはりホラールームの部屋の住人は時々、可笑しな行動をしているようです。

こちらも引越しまでに何か動きがあれば追記していきたいと思います。

 

 

引越し先、決定!!

日常 子宮腺筋症と妊娠、出産

長引いていた引越し先が決まりました!

結局、目黒区から世田谷区へ移る事になったのですが、

とても良いお部屋が見つかり、取り敢えず、4年くらいは住んでみようかと思っています。

 

2階建てのテラスハウスです。

 

建物はとても古く、玄関も引き戸、、、

でも、とてもとても綺麗で清潔感もあり、

何しろ、収納が広いし、ダーリンとも一致団結、即決でした!

 

私たちの引越し先のすべての条件が揃っていて、

年内に決まって良かったです。

 

にゃん太郎もこれで一安心ですね!

 

ところで、今まではにゃん太郎が私の子宮の壁の薄いところを

頻繁に蹴っていて、ダーリンが私の子宮破裂を心配していて、

にゃん太郎にちょっと文句を言っていたのですが、

お腹の中でもちゃんと聞こえているのか、それからキックが優しくなり、

キックする位置もちょっとずれました^o^

 

本当に聞こえていたのかは分かりません^ ^;;;

にゃん太郎もダーリンに似て優しいのかなー?

 

これから引越しもあって大変ですが、頑張っていこうと思います!!

 

ホラールームは今日はこの寒さで静かなのかな??

今のところ、昨日ほどの音は聞こえてきません。

部屋を出るタイミングで、一応、管理会社へは一言伝えておこうと思います。

 

20週目、6回目の健診とホラールームのその後、、、

子宮腺筋症と妊娠、出産 日常

昨日は日赤医療センターでの健診日でした。

私の母が初めて付き添いで来ました。

ダーリンも一緒に来てくれました。

 

今回は私があやふやなままにしておいた点が

かなりハッキリ分かりました。

 

まず、私の場合は帝王切開は決定である事。

そして、長期入院の可能性が非常に高い事。

 

子宮の壁が1cmくらいあるところと2mmくらいしかないところがあって、

子宮の収縮があると薄いところから子宮破裂を起こす可能性がとても高く、

それを抑えなくてはならない時期がくるようです。

今すぐ入院になってもおかしくない状態のようです。

この入院は収縮を抑える為の点滴をする為の入院になります。

2〜3ヶ月の長期入院となる可能性が高いみたいです、、、💧

 

もう入院生活はうんざりな私には多分、かなりつらい時期になりそうです。

 

今まで4回の入院を経験している私としてはこれを最後の入院生活としたいです。

 

もっと大変な思いをしている人たちがたくさんいるのに、、、とも思いますが、

入院2週間で根を上げている私がそんな長期入院、大丈夫かなー?と今から心配です。

それに、ダーリンにはいろいろ負担をかけてしまって申し訳ないです、、、

長期入院になるとしても年末年始は自宅で過ごしたいな。

結婚後の初めての年末年始だし、ダーリンと離れての生活は淋しすぎる(>_<)

 

にゃん太郎は相変わらず元気でした^o^

そして、予想通り、男の子の可能性が高いみたいでした。

にゃん太郎の体の向きの関係で、なんとなくしか分からなかったですが。

 

で、、、昨日は私の母も一緒でしたが、ダーリンはすごい!!

ダーリンのお陰で母ともまた良好な関係に戻れるかもしれません。

 

父も母もダーリンと話していると安心してくるみたい。

ダーリンは本当に人を惹きつける力、人が安心して話せる力があって、

私の足りない部分をたくさん補ってくれます。

 

私も入院くらいでゴタゴタ言ってる場合じゃないですよね(^◇^;)

 

 

話は変わって問題のホラールーム(前回、ホラーハウスと書きましたが、賃貸の一部屋なのでホラールームですね💦)ですが、やっぱり様子のおかしい状況は続いています。

 

夜中にやっぱりドンドンという音がハッキリと聞こえました。

騒いでいるかどうかは分かりませんでした。

 

何人かに話してみたところ、やっぱり薬か何かをやっているのではないかという話になりました。

ダーリンは精神分裂症とかの精神障害がある可能性もあるんじゃないかとも言っています。もちろん、薬の可能性も否定していませんが、真相は分かりません。

 

もし薬をやってるなら警察がもう少し介入してきそうですが、、、?

どうなんでしょう?

そういう情報がはっきりしないと介入できないのかな?

 

まぁ、ダーリンの言う通り、精神障害の可能性もあり得るし、

だとしたら警察が介入する事は現時点ではありえないですよね。

 

うーん、、、気になる。

 

 

 

20週で痛みが出てきたよー

日常 子宮腺筋症と妊娠、出産

今日で妊娠20週目。

今までは痛みが出ても腺筋症の辺りだけだったのですが、

今日は子宮の壁が薄くなっていると思われる箇所に

差し込むような痛みが続きました。

22週目まであと2週間、、、なんとかもって欲しいです。

 

にゃん太郎は相変わらず元気みたいで、

時々、お腹の中でバタバタしてます。

 

今日はダーリンが仕事に行く前にベッドの横に動物クッキーを

置いていってくれました(^◇^;)

いろいろ心配してくれてるみたい。

ホントに優しい❤️

 

で、仕事中に電話があったので何かなー?と思ったら、

私のパスタのレシピを教えてって。

私のレシピで気に入ってくれパスタメニューがあったみたいで、

お客さんに出したかったみたいで、ちょっと嬉しかったです。

 

 

そして、ホラーハウスの住民は昨日は静かだったみたいですが、

部屋の前に昨日からダンボールが一つ、、、

 

なんだろー?

 

なんか、行動がおかしいんですよね💧

 

でも、週末はあまり部屋にいないような気がします。

今までも週末は静かで週明けの月曜の朝に大騒ぎしてる感じがします。

 

週明けにまた騒ぎがおきるかどうか、引き続き様子を見てみますが

早く引越し先を見つけて部屋を出たいです。

 

 

ところでそんな中、母と電話で衝突ーーー

 

んー、、、久々にめちゃ泣きました。

 

妊娠中くらい、少し気を利かせて欲しいです。

私も今までのいろんな思いを吐き出し過ぎたかもしれないけど、

それに対して、「勝手に子供を作ってきて、勝手に結婚した」みたいな感じで返してきた。

 

子供をおろして、結婚もなかったことにしたらいいの?と言ったら、

そんなことは言ってないって。

 

言ってるじゃん!

 

そんな状態で次の通院には来ると言ってるし、

訳がわからないです。

通院の時にダーリンに失礼なことを言わないでくれるといいんだけど、、、

 

優しくて力持ちで人望の厚いダーリンは私のスーパーマンなんです。

彼がいないと私は崩れてしまう。

彼が傷つくことだけは絶対にイヤ。